後悔しない歯医者さん選びのお手伝い

>

こんな歯医者には気をつけよう

自費治療の落とし穴

歯医者さんも商売ですから、儲けを出す必要があります。しかし、中には儲けだけを考えて不必要に高額な処置を勧めてくるところもあるようです。
特に、インプラントや矯正は高額になりやすいものの、「見た目が良くなりますよ」などと言葉巧みに勧められるケースが多いようです。
インプラントなどは条件によって保険適用外になることが多いほか、予防歯科でもクリーニングなどが自費治療になる場合があります。
大事なのは、そのような金銭面の情報をきちんと開示してくれるかどうかです。
ホームページに料金表があるか、実際に受診した際に執拗に勧めてこないか、といった点には十分に注意すべきです。特に自費治療の場合は高額になる場合が多いですから、必要に応じてよく相談するようにしましょう。相談しやすい環境も通いやすさの重要な指標です。

衛生状態

行ってみないと気づかないこともたくさんあります。
衛生環境がその最たるものです。
ホームページには綺麗な写真が上がっていたのに、行って見たら薄汚くて埃っぽい、などということがないとは限りません。
また、口の中に入れる治療器具の衛生にも気を配っているかよく確認しましょう。使用前の器具と使用済みの器具がきちんと区別されているか、よく周りを見渡して見ておくのが良いです。
においも重要なチェックポイント。見た目でわからなくとも、においに違和感があったら、危険信号です。
過度に敏感になるのもいけませんが、違和感なく通えるのが大切ですから、少しでも「おや?」と思ったら、思い切って別の歯医者さんを探すのがよいでしょう。


この記事をシェアする